1. TOP
  2. 妊娠初期に腹痛&出血!流産の可能性は?色と量で見分ける方法

妊娠初期に腹痛&出血!流産の可能性は?色と量で見分ける方法

妊娠初期に起こる
腹痛と出血には注意が必要です。

わたしの場合は、
妊娠5週目のときに、
陣痛のような激しい腹痛になり、
諦めかけていたことがあります。

そのときは、
無理がたたったのでしょう。

1日寝込んでいたら、
痛みはなくなり、
検診でもやっと心拍が確認できました。

このように、
大丈夫な腹痛と流産に繋がる腹痛は
見分けることは困難ですが、
それ以外にも、
流産の兆候を見分ける方法
いくつかあるのでお教えしましょう。

Sponsored Links

 

妊娠初期の腹痛&出血は流産の兆候?その可能性は?

妊娠初期の流産の確率は、
1~2%の人が経験している
言われています。

この時期の流産の原因は、
染色体異常がほとんどです。

ただし、
腹痛や出血をしたからと言って、
必ずしも流産の可能性があるとは
限りません。

では具体的に、
どのような兆候が見られるのか、
検証していきましょう。

 

妊娠初期のこんな症状は流産の兆候かも!?

pexels-photo-27335

妊娠初期に以下のような
症状が見られたら、、、

流産の兆候かもしれません。

あなたはどんな症状が
当てはまりますか?

 

下腹部痛

流産の特徴として、
一番分かりやすいのは、
激しい下腹部痛です。

下腹部痛の場合、
「流産」の他に「切迫流産」
可能性もあるので、
痛みを感じたら、
すぐにかかりつけの
産婦人科へ受診しましょう。

 

不正出血

流産、切迫流産ともに
不正出血が見られることがあります。

  • 微量の出血が見られる
  • ピンク色や茶褐色のおりもの

などの症状があれば、
流産の可能性は捨てきれません。

自分での判断は難しいので、
医者にご相談ください。

 

腰痛

流産の兆候として、
下腹部痛と一緒に痛むのが”腰痛”です。

腰痛だけなら心配はありませんが、
出血を伴う腰痛の場合は
注意が必要です。

だからといって、
流産することではなく、
あくまでも可能性があるということなので、
すぐに産婦人科へ受診しましょう。

 

お腹の張り

恥骨の上のあたりを触ってみて
空気がパンパンに入ったボールのように
硬かったら要注意です。

お腹が張っている証拠です。

そうでなければ、
便秘やガスが溜まっているせいなので、
検診を受けるときに
相談してください。

 

つわりが急になくなる

つわりのピークは、
妊娠8週~12週のあたりですが、
激しいつわりが急になくなるのは、
流産の心配があります。

見分けることは大変難しいので、
医師の判断が必要になります。

 

基礎体温が下がる

基礎体温が下がるのは、
妊娠の継続ができなくなった
ということなので、
流産かもしれません、、、

基礎体温が下がる時期は、
妊娠中期なので、
下がるのにはまだ早いのです。

Sponsored Links

 

不正出血の色や量で流産を見分ける方法とは?

pexels-photo1

不正出血の症状が表れたら、
流産の可能性も、、、

自分でも判断できるように
出血した色や量で見分ける方法
お教えします。

慌てないためにも、
しっかりと知識を身に付けることは
とても大切なことです。

また、
以下の症状の場合は、
速やかに受診しましょう。

 

生理と同様またはそれ以上の出血量

  • 生理と同じくらいの出血量
  • 生理以上の出血量

このような場合、
流産の可能性が非常に高いです。

 

出血の中に血の塊が含まれる

出血した中に、
塊のようなものがある場合、
子宮内膜が剥がれ落ち、
胎盤や胎嚢の可能性が高いです。

この状態は残念ですが、
すでに流産が始まっているので、
止めることはできません。

 

【妊娠初期の流産予防!】

流産に対する不安を取り除きましょう♡

1週間~2週間出血が続く

流産してしまった後は、
出血が続くことがありますが、
約1週間から2週間すると
自然に量も減っていきます。

📝MEMO

もしも出血が止まらない場合、、、

完全に子宮内の胎盤などが
排出しきれていない状態かもしれません。

子宮収縮剤を使用して排出させるか、
手術が必要なこともあります。

 

茶色、半透明のピンク、真っ赤な鮮血など色は様々

真っ赤な鮮血で、
腹痛を伴う場合は、
流産の可能性が高いです。

また、
茶色や半透明なピンク色の
おりものの場合は、
出血が微量なら心配はないでしょう。

 

妊娠初期の流産による腹痛の特徴とは?

pexels-photo-99533

妊娠初期に起こる腹痛の場合、

  • チクチクする痛み
  • 引っ張られる痛み
  • 締め付ける痛み

などが多いのですが、
流産による腹痛には、
どのような特徴があるのでしょうか?

この頃の腹痛には、
とても注意が必要ですよ💡

 

生理痛のような痛みがだんだん強くなっていく

生理痛のような痛みが
続くようであれば、
流産になる可能性があります。

しばらく横になっても
痛みが治まらないようでしたら、
受診が必要になります。

 

いつもとは違う強い痛みがある

いままでにない
強い腹痛がある場合、
下腹部がパンパンに張っている
可能性があります。

すぐに横になって、
医師に相談が必要です。

 

出血や破水を伴っている

切迫流産の可能性があります。

出血や破水が、
どのような状態で起こったのか
すみやかに医師に連絡する
必要があります。

 

1時間以上横になっても全く痛みが治まらない

激しい腹痛はもちろん、
軽い腹痛の場合でも、
横になっても全く痛みが
治まらないようでしたら、
すぐに医師に連絡してください。

子宮が収縮している可能性があります。

📝MEMO

わたしの体験談ですが、、、

妊娠初期の腹痛で切迫流産と診断され、
安定期になるまで、ずっと寝たきりの状態
過ごしていました。

少しの痛みでも続くようでしたら、
遠慮せずに医師へ相談してくださいね。

 

腹痛や出血のない流産もあるの?

腹痛や出血のない流産は、
稽留(けいりゅう)流産と言います。

稽留流産は、
痛みなどの症状がないため、
検診で気付く場合が多いです。

胎児が子宮内で、
死亡してしまうので、
開腹手術が必要になります。

Sponsored Links

 

流産ではない妊娠初期の腹痛・出血の原因とは?

aaa3f171a06eae53788057adf99d846d_s

妊娠初期に起こる腹痛や出血で、
流産以外のことが考えられる
原因としたら、、、?!

 

子宮が大きくなった

妊娠すると、
子宮は絶えず成長をしていくため、
ある程度の腹痛は伴います。

 

便秘・下痢

妊娠初期のころの
便秘や下痢の原因は、

  • ホルモンバランスの変化
  • 食生活の変化
  • 疲れ
  • 運動不足

が考えられます。

 

子宮外妊娠

子宮外妊娠は、
妊娠している状態なので、
症状もほとんど同じです。

少しの変化があるとしたら、

  • 微量の出血がずっと続く
  • 弱い腹痛から激痛に変わっていく

このよな症状でしたら、
子宮外妊娠の可能性があるので、
早めに受診しましょう。

 

絨毛膜下血腫

1~2%の妊婦が経験するのが、
絨毛膜下血腫という、
絨毛膜と子宮内膜の間でできる
血の塊の症状を言います。

妊娠初期から中期に症状が
出ることが多く、
そのまま放置して体内に吸収するものと、
治療が必要まものがありますが、
ほとんどが自然に吸収されていきます。

 

妊娠初期の流産の種類!切迫流産との違いとは?

pexels-photo-121848

安定期に入っても、
必ずしも安心はできないのが、
妊娠中期での流産です。

流産は時期よって、
いろいろな種類があることを
知っていますか?

その違いをご紹介しましょう💡

 

早期流産と後期流産

早期流産とは、
妊娠12週未満で起こる流産のこと。
胎児の染色体異常が原因とされています。

後期流産は、
妊娠12~22週未満で起こる流産のこと。
”死産”になるため、
死産届けが必要になります。

 

切迫流産

切迫流産とは、
まだ胎児がお腹の中に
留まっている状態と言います。

Sponsored Links

 

流産経験があると次も流産しやすい?

66e67ec54445860af4fcfbbd14302d1d_s

流産のほとんどが早期流産で、
その原因は受精卵の染色体異常
なので母体のせいではありません。

必ずしも流産経験者が
次も流産しやすいのではなく、
流産しにくい体作りを
してみてはいかがでしょう。

 

妊娠初期の流産を予防する方法とは?

妊娠初期に流産しないためにも、
自分で心がけることが大切です。

大切な赤ちゃんを守るために、
次の予防方法をご覧ください。

 

タバコを吸わない

タバコは絶対に禁止です💦

胎盤が形成されると、
ママの体と胎児は繋がっています。

 

体を冷やさない

どんなに熱い夏場でも、
薄着は禁物!

カーディガンを羽織るなど、
体を冷やさないようにしましょう。

 

重い荷物を持たない

重たい荷物は、
お腹に力がかかり、
子宮が収縮する恐れがあります。

 

体に負担をかけない生活を心掛ける

妊娠力を上げるためにも、
無理はしないで、
ゆったりと生活することが必要です。

脱ストレス&疲れで、
体に負担をかけないように
気を付けましょう。

 

まとめると、、、

32e496e0bbfe5bf9411cb555dd31dd4e_s

妊娠初期にも、
色々な心配ごとがありますね。

特に流産は、
自分で気をつけることで、
回避できることもあります。

  • 早期早産
  • 後期早産
  • 切迫早産

などその時期に起こる
危険性を知ることも必要です。

無理をしないで、
自分の体と赤ちゃんのとこを
第一に考えて生活しましょう。

Sponsored Links



妊娠中の健康に不安があるママは必見!

妊娠中はつわり・便秘・腰痛・頭痛など健康に不安がありますよね。
そんな時気をつけたいのは食事です。

しかし、
・妊娠中は口に入れるものが恐い
・薬・市販薬は悪影響のリスクがあるから医師に止められてる
・けど赤ちゃんにしっかり育って欲しいし、できるだけ栄養を送りたい

などの悩みはありませんか?

そんなあなたにはBELTAの葉酸サプリがオススメです。

人気の理由は、

・つわりの時でも飲みやすい
・葉酸だけでなく、ビタミン・鉄分・カルシウムが豊富で妊娠中のあらゆる悩みに効果が期待できる
・初めての妊娠でも出産経験のある専任サポートが親身に対応

など、BELTAの葉酸サプリがあれば栄養面は安心して、
生まれてくる赤ちゃんの事に全力を注げます。


BELTAの葉酸サプリで妊娠中の不安を解消する♪

\ SNSでシェアしよう! /

ママmemoの注目記事を受け取ろう

b0e243ec10fbc1642d017b0c6e72d2a2_s

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ママmemoの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

山形 夕実

山形 夕実

♡はじめまして♡2児の母です♪

アパレル業界でデザイナーを10年経験し、
結婚後も子育てと仕事を両立しています。
仕事は独立し、ママからの意見や悩みを聞き
開発した抱っこひもを販売しています。

また、抱っこひもコンシェルジュとして、
抱っこひもの安全性と危険性について講演も
行なっています。
この経験を生かし、多くの人に知っていただくためにも、
ライターとして幅広く活動しています♡