1. TOP
  2. 妊娠したのに生理がきた!流産や着床出血との見分け方とは?

妊娠したのに生理がきた!流産や着床出血との見分け方とは?

妊娠初期(0週目-7週目)
  92 Views

妊娠を希望している女性が生理予定日前に

「もしかして・・・」

と検査薬で検査してみたら
うっすらと陽性反応が出ていたのだけれど、

「その時に出血があったら
流産の可能性もあるの?」

と心配される方は多いと思います。

そんな方のために、ここでは

  • 生理予定日前に検査薬で
    陽性反応があっても出血があったら流産なのか
  • 妊娠初期出血の原因と生理との違い
  • 妊娠初期に出血したら受診したほうがいいのか

について解説させて頂きたいと思います。

 

Sponsored Links

生理予定日前に検査薬でうっすら陽性!でも出血があったらダメ?

eaf609003e53ae4d6ca94a138fd54099_m

妊娠初期に出血があり、
その原因や対処法がわからなくて
困ったときのために、

以下に妊娠初期の出血の原因には
何があるのか、

妊娠初期の出血の生理との違い、
さらに妊娠初期の出血
流産の可能性があるのか、

着床出血とはどういうものなのかについて
解説させて頂きたいと思います。

 

妊娠初期の出血の原因は何?生理との違いは?

妊娠初期の出血は、
正常妊娠の方であっても1/4程度の方が
体の変化に伴い
経験していることのようなので、

あまり敏感に反応する必要はありません。

しかし、出血の量や色、
腹痛を伴う出血であるかなど、

その時の状況によって対処法が
異なってくるので注意が必要です。

妊娠初期の出血でも
急いでかかりつけの病院を
受診する必要がないものは以下の通りです。

  • おりものにピンク色の出血
  • おりものシートに
    直径数センチほどの赤い出血
  • 茶色っぽい、もしくは黒い出血が続く

上記の出血の症状は、
妊娠した多くの方が経験する
ごく軽い出血であるため、

この出血が直接の原因で
流産するということはありませんし、

これらのごく少量の出血で
かかりつけの病院を受診しても
特に対処法はありませんので、

急いで急患の窓口に駆け込まなくても、
次の日か次の妊婦検診の時に
診察してもらえば多くのケースは大丈夫です。

妊娠初期で少量の出血があったら、
運動などは避け、自宅で安静にしていれば
ほとんどの場合出血はおさまります。

お仕事中や外出中に出血があった場合は、
可能な限り迅速に帰宅し、
安静にして様子を見ましょう。
正常な妊娠では最後の月経から出産まで
出血しないものなのですが、
妊娠初期に出血することはよくあるようです。

妊娠初期に出血を引き起こす原因として
考えられる要因を以下にいくつか
ご紹介させて頂きたいと思います。

 

着床出血

受精卵が着床する時期、
つまり妊娠した直後の生理予定日ぐらいに

いつもの生理の出血量より
少ない出血があることがあります。

これを着床出血といいます。

この着床出血は、
着床過程の生理的な出血ともいえます。

着床出血はない方も多く、
なくても特に問題はありません。

 

子宮と胎盤の成長のずれ

子宮と胎盤の成長速度にズレが生じると
胎盤の端が少しはがれてしまう場合があり、

この出血が多いと鮮血や血の塊として
出てくる場合があります。

 

絨毛膜下血腫

絨毛が子宮内膜に根をはっていく過程で、
少量の出血を伴う場合があります。

出血が数日から数週間続く場合も
あるのですが、

妊娠初期にはよくあることで、
胎盤が完成する4か月から5か月ごろには
出血はおさまるようです。

 

内診やエコーによる刺激

病院で内診や経腟エコーの際の刺激により
子宮内部が傷つき
そこから出血する場合があります。

 

膣炎やびらん

膣炎やびらんは
妊娠中とは関係なく婦人科疾患として
出血をおこす場合もあります。


子宮頚部ポリープ

子宮頚部にできるいぼ状の良性のこぶが
子宮頚部ポリープで、

そのポリープがあると内診や性交渉の
少しの刺激で出血することがあります。


切迫流産

切迫流産は流産とは異なり
胎児が子宮内に残っているけれど
流産一歩手前の状態です。

切迫流産でも赤ちゃんの心拍が
確認できれば大体その後は
無事に育ちますが、

妊娠継続するためには
止血剤やおなかの張り止め、点滴など
適切な処置をして、
安静にする必要があります。

 

流産

妊娠初期に大量出血、
激しいおなかの痛みやはりなどの
症状がある場合は
流産の可能性があります。


子宮外妊娠

子宮外妊娠とは、何らかの原因で
受精卵が子宮内膜以外の場所に
着床し発育してしまうことをさします。

この子宮外妊娠をしたときにも
妊娠初期に出血をおこすことがあります。


胞状奇胎

胞状奇胎とは、絨毛と呼ばれる、
胎芽の一部が膨らみ、
その中に液体がたまり、

妊娠した子宮内にブドウのような
つぶつぶができる
絨毛性の病気のひとつです。

この胞状奇胎も妊娠初期に
出血をおこす原因となります。

Sponsored Links

 

流産の可能性はある?

上記ですでにご紹介しておりますように、
妊娠初期の出血でも症状によっては、

早急に病院を受診しなくても
良い場合もあるのですが、

妊娠初期に大量出血、
激しいおなかの痛みやはりなどの
症状がある場合は
流産の可能性がありますので、

すぐに病院に行くなど
適切な対処をしなくてはいけません。

Sponsored Links

着床出血ってどういうもの?量はどのくらい?

着床出血というのは、
受精卵が着床する時期、
つまり妊娠した直後の生理予定日の頃の
いつもの生理の出血量よりも
ごく少量の出血の事をさします。

この出血は2日~7日ぐらい
続くこともあるのですが、

着床過程の生理的な出血ともいえますので、
特に心配する必要はありません。

妊娠初期に着床出血する方もいれば、
着床出血のない方もいらっしゃいますので、
なくても特に問題はありません。

 

youtubeにて着床出血の際に
気をつけるべきことについて
解説している動画を見つけました。

着床出血した場合は、
どのようなことに注意すればよいのか
知っておきたい方は、

ぜひ、以下の動画をご覧になってくださいね。

妊娠初期の出血の原因は何?受診した方がいい?

b24ad6f6e521b030d26cf6bc127c9096_m

妊娠初期の出血は上記でも
すでにご紹介しましたように

妊娠した多くの女性が経験する
ごく軽い出血なので、

症状によっては
早急に病院を受診しなくても

翌日もしくは次の妊婦検診の時に
受診しても問題ない場合があります。

ただし、妊娠初期に大量出血、
激しいおなかの痛みやはりなどの
症状がある場合は
流産や子宮外妊娠の
可能性がある緊急事態ですので、

これらの症状があらわれたときには
すぐに病院に行き、
診察してもらわなくてはいけません。

Sponsored Links

まとめ

pregnant-775028_1280

いかがでしたか?

妊娠初期の出血でも以下のような
少量の出血の症状の場合は

妊娠した多くの女性が経験する
ごく軽い出血なので、
急いで病院に駆け込まなくても

次の日か、次の妊婦検診の時に
診察してもらえば大丈夫です。

  • おりものにピンク色の出血
  • おりものシートに
    直径数センチほどの赤い出血
  • 茶色っぽい、もしくは黒い出血が続く

ただし、妊娠初期に大量出血
激しいおなかの痛みやはりなどの
症状がある場合は
流産や子宮外妊娠の可能性がありますので、

これらの症状があらわれたときには
時間外であってもすぐに病院に行き、
診察してもらいましょうね。

Sponsored Links



妊娠中の健康に不安があるママは必見!

妊娠中はつわり・便秘・腰痛・頭痛など健康に不安がありますよね。
そんな時気をつけたいのは食事です。

しかし、
・妊娠中は口に入れるものが恐い
・薬・市販薬は悪影響のリスクがあるから医師に止められてる
・けど赤ちゃんにしっかり育って欲しいし、できるだけ栄養を送りたい

などの悩みはありませんか?

そんなあなたにはBELTAの葉酸サプリがオススメです。

人気の理由は、

・つわりの時でも飲みやすい
・葉酸だけでなく、ビタミン・鉄分・カルシウムが豊富で妊娠中のあらゆる悩みに効果が期待できる
・初めての妊娠でも出産経験のある専任サポートが親身に対応

など、BELTAの葉酸サプリがあれば栄養面は安心して、
生まれてくる赤ちゃんの事に全力を注げます。


BELTAの葉酸サプリで妊娠中の不安を解消する♪

\ SNSでシェアしよう! /

ママmemoの注目記事を受け取ろう

birch-1498550_1280

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ママmemoの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

nkskmh

nkskmh

小学生の息子と夫と3人暮らしの主婦です。
OLとして会社勤めをしていた時の経験や、
結婚生活、子育ての経験を生かして、
皆様のお役に立てるような
記事を執筆していけるよう頑張ります!