1. TOP
  2. 母乳に食事は影響する?出やすくなる食べ物&飲み物10選!

母乳に食事は影響する?出やすくなる食べ物&飲み物10選!

 2016/12/25 母乳
  650 Views

授乳中のママの中には
食事の内容が母乳に影響するのかどうか
という悩みを抱えた方が多いと思います。

母乳の量が足りないけれど、
できれば完母で育てたい!と思っている
人にとっては、食事で母乳を増やすことが
できたら嬉しいですよね。

私は子供が1歳になるまで完母でした。

ある日クリームシチューを食べた後の
授乳で子供の顔が真っ赤に腫れあがり、
アレルギーが発覚したのをきっかけに
自分の食事を見直すことで
子供のアレルギー症状が改善し、
乳腺炎などのトラブルもなく
母乳育児を続けることができました。

その経験から、
授乳中の食事の重要性を
我が子を母乳で育てていた1年間に
痛感しました。

というわけで今回は
授乳中の食事について
母乳を出やすくする食べ物について
をテーマにお伝えしていきます。

Sponsored Links



食事の内容が母乳に影響するって本当?

baby-821625_640

お母さんがとった食事は母乳に影響を
与えるというのは本当です。

母乳が出やすくなる食事もあれば、
乳腺炎などのトラブルの元になる
食事もあるので、
授乳中の食事内容には気を配りましょう。

また、赤ちゃんにアレルギーがある場合は
お母さんが摂取したアレルゲンを母乳を
介して赤ちゃんが飲んでしまい、
湿疹などの症状が現れることもあります。

母乳に食事制限は必要?絶対に避けるべき食べ物とは?

food-1283108_640

母乳を与えている期間は、
前の章でお伝えしたとおり食事の内容が
母乳に影響を与えることがあるため、
少しだけ制限が必要です。

妊娠中に禁忌だったアルコールはもちろん
カフェインも控えた方が良いでしょう。

砂糖や油を大量に使ったジャンクフード
お菓子も禁止ではありませんが、
たまに食べる程度にしておくことを
おすすめします。

また、昔は母乳の出を良くすると言われて
いたお餅も、食べ物が豊富な現代では
カロリーが高すぎるため
母乳にはあまり良くないと言われています。

Sponsored Links

母乳に悪い食事を摂るとどうなるの?

母乳に悪いとされている食事をとると、
一体どうなってしまうのでしょうか?

まずアルコールは絶対禁止
アルコールが含まれる母乳を飲んだ
赤ちゃんは、発達の遅れ障害を引き起こす
事があります。

コーヒーなどに含まれるカフェインは、
夜寝なくなってしまったり、グズグズの原因
にもなります。

砂糖・油など高カロリーで脂肪分の多い
食事は、母乳の質を悪くするだけでなく
乳腺炎の原因にもなりますので
摂取量には注意をしましょう。

母乳を出すために1日に必要な水分量はどのくらい?

mineral-water-1532300_640

通常、成人に必要な水分量は、
体重1kgにつき50mlと言われています。

50kgの女性の場合、2.5リットルの水分が必要です。

赤ちゃんは1日に大体1リットルの母乳を
飲みますので、授乳中は
2.5リットル+1リットル=3.5リットルの水分が
必要になります。

水分は食事からも摂取できますので、
実際に飲むべき水分量の目安は、
1日2~2.5リットル程です。

水分が不足すると母乳の出が悪くなったり、
水分が母乳に回った分、
お母さんが便秘になってしまうなどの
トラブルも起こりやすくなりますので
お気を付け下さい。

Sponsored Links

母乳を出やすくする食べ物&飲み物10選!

tea-556777_640

毎日の食事は、
ひとつの食材ばかり食べるのではなく
バランスよく献立を考えるのがポイントです。

私の考える良い母乳の基本は、粗食

母乳が出ないと、カロリーのあるものを
とにかく色々食べて!と焦ってしまいますが、
実は和食&粗食がママにも赤ちゃんにも
一番安全で優しい食べ物です。

この章では、母乳が出やすくなる食べ物や
飲み物をご紹介しますので参考になさって
ください。

1.主食は白米や雑穀米

炭水化物をしっかりと摂ることで
母乳がたくさん出ると言われています。

主食はパンや麺類よりも白米や雑穀米など
ご飯がおすすめです。

2.根菜類中心の具だくさん味噌汁!

体の血行が悪くなると母乳の出も悪く
なりがち。

根菜類は体を温める作用がありますので、
積極的に取り入れたい野菜です。

味噌汁にたくさんの根菜類を入れると
温まるだけでなく、
水分も一緒に摂れるのでおすすめです。

3.昆布

昆布は母乳をさらさらにして、
分泌をよくする作用があります。

つまりやしこりは乳腺炎の元にもなるので
献立に加えておきたい食材です。

4.青菜

ほうれん草・小松菜などの青菜は
血液をさらさらにしてくれるので、
母乳の質が良くなると言われています。

また、鉄分も豊富なので貧血の予防にも
役立ちます。

5.白身魚

たんぱく質は肉よりも魚から摂ると良いと
言われています。

中でも白身魚は低カロリーで高タンパク。
脂肪分が少ないためトラブルになりにくい
そうです。

Sponsored Links

6.鶏肉

授乳中に肉を食べる場合は、
鶏肉がおすすめ。

脂肪分が少ないささみ胸肉を選ぶと
よりトラブルになりにくいと言われています。

7.小豆

小豆は鉄分・カリウムが豊富で、
母乳の質をよくしてくれると言われています。

昔は母乳をたくさん出すために小豆を煮て
食べたそうです。

ただ、砂糖をたくさん使って煮た小豆では、
母乳は出ても母乳の質まではよくなりません。

そこでおすすめなのが小豆茶
お茶ならば水分も一緒に摂取できる上、
体も温まるのでとても効率が良い商品です。

母なるおめぐみ」は、母乳育児をしたい
ママのために作られたお茶なので、
赤ちゃんにも安心。

 

母なるおめぐみの公式ページで詳細を確認する

 

ノンカフェイン・合成添加物不使用な上、
国産小豆(北海道産)100%なので安全安心。

公式ページからのご購入の場合は、
初回割引の他、定期購入割引もあるので
お得に続けられるのが嬉しいですね。

8.ノンカフェインのお茶

授乳中はとにかくたくさんの水分補給
重要!
冷たい水よりは温かいお茶がおすすめです。

かといってコーヒーや紅茶にはカフェインが
含まれていますので、
ノンカフェインのお茶を選ぶようにしましょう。

上で挙げた小豆茶の他、
麦茶ルイボスティーとうもろこし茶などが
ノンカフェインで安心です。

また、コーヒーや紅茶にもノンカフェインの
ものがありますので、試してみても良いかも
しれませんね^^

9.甘酒

甘酒も母乳をたくさん出すにはとても良い
飲み物です。

アルコール分は大丈夫?と不安に思いがち
ですが、
米麹から作られた甘酒にはアルコールは
含まれていません。

甘酒は飲む点滴と呼ばれるほど栄養価が
高いので、母乳をたくさん出すだけでなく
育児疲れのママにもありがたい飲み物です。

10.おやつは和菓子にする

授乳中ってお腹が空きますよね。

お腹が空いたらおにぎりをひとつ食べるなど
母乳に良い食べ物で空腹を満たすのが
ベストですが、ママだっておやつを食べたい!

そんな時はポテトチップスやチョコレート、
クッキーなど油を大量に使った洋菓子よりも、
和菓子がおすすめです。

上でもお伝えしたように小豆は母乳に
良い食べ物なので、
砂糖の量に注意しながらあんこを使った
和菓子などをたまに摘むのも良いですね。

まとめ

baby-1867222_640

今回は母乳を出やすくする食べ物・飲み物
についてお伝えしました。

私が授乳をしていたのは何年も前のこと
ですが、
記事を書きながら
脂っこいものや洋食を食べた後に
ガチガチに張って困ったのを思い出しました。

母乳は出なければとにかく出てほしいと
思いますし、
充分に出るようになったら、
少しでも質の良い母乳を作りたいと思うのが
親心。

授乳期間は人生の中でもほんの少しの間
だけのことですから、ジャンクフードは少し
お休みして母乳に良い食事を心がけましょう。

Sponsored Links



頭皮の匂いに不安があるママは必見!

メイク落としをしても
落としきれないメイクカス・汚れがあるのを
ご存知ですか?

そんな時にオススメなのは、
『エマルジョンリムーバー』です。

このリムーバーを、
シュッシュっと顔にスプレーするだけで、

・メイク落としで落ちきらなかったカスが落ちる
・鼻の黒ずみ・いちご鼻が解消される
・頭皮の脂の匂いを解消してくれる

などの効果が実感されると口コミで人気なんです。

⇒『エマルジョンリムーバー』の
口コミ記事を確認する♪


\ SNSでシェアしよう! /

ママmemoの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ママmemoの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

ライター紹介 ライター一覧

2児+動物の母

2児+動物の母

30代半ば。
小学生2人+たくさんのペット達の母親です。
子供達が少し大きくなった今、
妊娠中や子供が小さかった時の事をあらためて振り返ると、

もっとこうすれば良かった!
とか、
そこまで神経質になる必要はなかったな~

と思うことが多々あります。
これから妊娠・出産を控えた方や、小さいお子さんを抱えた方は、
不安な事や分からない事がたくさんあると思います。
私の経験が少しでもお役に立てたらいいなと思っています。