1. TOP
  2. 妊娠している時の飲み物!ほうじ茶は平気?安心なお茶10選

妊娠している時の飲み物!ほうじ茶は平気?安心なお茶10選

妊婦さんコラム
  1,086 Views

妊娠しているときに飲まない方が
いいとされている”ほうじ茶”ですが、
本当にそうなんでしょうか?

でも、そう書かれていると、
鵜呑みしちゃうのがわたしなんです💦

なぜダメなのか原因を知らず、
そのままにしてていいのでしょうか?

今回はちゃんと調べましたよ✨

妊娠しているときに飲んでもいいものと、
いけない飲み物について徹底調査しました。

  • なぜほうじ茶はいけないのか?
  • カフェイン量の多い飲み物とは?!
  • デメリットがある飲み物は?
  • 絶対に飲んではいけない飲み物は?

など、お茶に関することに注目をおいて、
妊娠中に飲めるお茶10選をご紹介しますので、
自分に合ったお茶を選んでみてはいかがでしょう。

Sponsored Links



妊娠してるけど、ほうじ茶を飲んでも大丈夫?

cup-mug-water-tea

妊娠中にカフェインを摂取してもいい量は、
約200~300mgと言われています。

ほうじ茶のカフェイン量は、
マグカップ200mlに対して、約40mgなので、
飲んでも大丈夫な範囲ではあります。

ですが、飲み過ぎには注意が必要ですので、
きちんと摂取量を守っていれば全く問題ない
飲み物なので安心してください。

逆に言えば、ほうじ茶よりも珈琲のほうが
カフェイン量が多いことをご存知ですか?

マグカップ200mlに対して、約100mgも
含まれているので、どちらかと言えば
こちらの方が注意が必要になりますよね。

大切なのは、ストレスなく飲みたいものを
摂取量を守って楽しく飲むことなので、
正しい知識を持つようにしましょう!

Sponsored Links

妊娠中も安心して飲めるお茶10選!

pexels-photo-123354

一般的にお茶には、カフェイン&カテキン
含まれていますが、前項でお知らせした通り、
カフェインの摂取量を守れば問題はありません。

ですが、もっとも安全なのは、
カフェインゼロの飲み物が断然良いに決まってます。

そこで、妊娠中に安心して飲めるお茶10選
一挙にご紹介したいと思います。

 

1.麦茶

香ばしい風味の麦茶の効能は、
水分補給に良い飲み物ということは当然のこと、
血液をさらさらにする効果があります。

妊娠中は特に血液量が増えるので、
血液の流れをよくしておきたいですよね。

最近は、カフェインゼロの麦茶も増えたので、
すぐに手に入りやすいのでおすすめです♪

 

2.桑の葉茶

桑の葉茶は、妊娠中のむくみに効果的な、
カリウムやカルシウムなどの成分が含まれる、
漢方薬としても扱われる飲み物です。

ただし、飲み方を間違えれば、
効果がなくなるので注意が必要です。

効果的な飲み方としては、
”食前15分前”or”食間”に飲むことを
おすすめします☝


【桑の葉茶の飲み方】

雑談のような会話にけっこう興味津々、、、(笑)

Sponsored Links

3.ルイボスティー

きれいな赤い色が特徴のルイボスティは、
もともと原産地が南アフリカなので、
温かくして飲むのが効果的です。

また、妊娠中のむくみや冷えなどの
改善のためによく飲まれている飲み物です。

その他の効能としては、

  • アンチエイジング
  • デトックス効果
  • リラックス効果
  • 貧血
  • 下痢

など様々な改善に役立つ飲み物だからこそ、
安心して安全に飲んでほしいということで、
妊婦さんにおすすめなのが、こちら、、、

飲みやすく簡単に抽出できる
”プレミアムオーガニックルイボスティ”

他のルイボスティと違うのが、
ティパックにお湯を注いだときの
真っ赤に染まる色の濃さです。

特殊な工程で、蒸気殺菌処理しているので
美味しさそのままで煮出す必要なないのです。

ちょっと試したい人のために
「はじめて限定☆1人3セット」
これだと、1日わずか約46円で飲めるので
おすすめですよ✨

1袋7パック入り×3袋:970円(税込)
もちろん、送料無料です!

30日間返品・返金保証付きですので、
ぜひこの機会に試してみてください。

プレミアムオーガニック”ルイボスティ”はこちら♡

 

4.そば茶

そば茶は、ノンカフェイン&カロリーゼロなので
妊娠中にもっとも安心して飲める飲み物です。

効能としては、

  • 高血圧の抑制
  • 糖尿病
  • 動脈硬化
  • 美白効果

なども母体や胎児にとって安全だと言えますね。

香ばしいそばの香りで心を落ち着かせ、
そばの味を楽しんでみませんか?

 

5.たんぽぽ茶

たんぽぽ茶には、むくみや便秘を改善する
コレステロールの抑制や利尿作用の働きが
強いとされている飲み物です。

妊娠中のママのために作られた、
”たんぽぽ茶ブレンド”は、
管理栄養士や助産師も認める、

  • たんぽぽ根100%使用
  • 北海道産の黒豆を焙煎
  • カルシウム&鉄分配合

などのこだわり制法で飲みやすいので、
産前&産後におすすめです。

ちょっと試したいなら、
『お試し用10日分セット』はいかがですか?

初回限定:730円(税込)の送料無料です!

1人3セットまでご注文が可能ですので、
気に入ったら続けて、気に入らなかったら、
30日以内なら返品・返金保証付きなので、
一度は試してみる価値ありです✨

【お試し限定】”たんぽぽ茶ブレンド”はこちら♡

わたしも飲んでいたので、
効果は抜群に良いことを知っています(笑)

ぜひこの機会に飲んでみてください。

Sponsored Links

6.とうもろこし茶

妊婦の悩みでもある便秘に効果的なお茶は、
とうもろこし茶(コーン茶)をお試しください。

食物繊維と鉄を多く含み、しかもカフェインゼロ!
妊娠していても安心して飲める飲み物です。

  • 冷え改善
  • むくみの改善

にも役立つ万能なお茶です。

 

7.ハーブティー(注意が必要)

ハーブティーと言えば、ノンカフェインで、
妊娠中でも飲める飲み物として知られていますが
飲まない方がいいものもあるので
よく調べてから飲むようにしてくださいね💡

みなさんが知っている中で言うと、、、

  • ウコン
  • シナモン
  • ローズマリー
  • ワイルドチェリー
  • ラズベリーリーフ

など約50種類以上の禁忌ハーブが
存在しているので注意が必要です。

とは言っても、調べるなんて面倒ですよね💦

でも、安心して飲むことができるのが、
”マタニティ専用のハーブティー”です✨

母乳育児を推薦する助産師が開発に携わっていて
質の良い胎盤作りを目的に、

  • 冷え対策
  • むくみ対策
  • 便秘対策

3つの血流対策を促す効果があるのです。

母体と胎児のことを第一に考えた、
ハーブティーなら、コレっ✨

『楽トク定期便』なら!!
¥1,799(税別)送料無料で、
約1か月分相当(30ティパック入り)

マタニティ専用の”マタニティブレンド”はこちら♡

 

8.ゆず茶

ゆず茶は、韓国生まれで、
ゆずの皮+はちみつ+砂糖を煮詰めたもので、
適量をお湯に溶かした飲み物です。

妊娠している体に必要なビタミンが豊富
しかもノンカフェインなので
妊婦にとっておすすめな飲み物です。

また、リラックス効果もあるので、
甘ぁ~い味に浸るのもいいかもしれませんね。

 

9.小豆茶

雑誌やメディアでも大反響のある
小豆茶”母なるおめぐみ”存知ですか?!

小豆茶の良いところは、
母体や胎児に必要な水分と栄養が補給できる
優れた効果がある飲み物です。

その他、、、

  • 葉酸・鉄分・ビタミンB群が豊富
  • 約2倍のポリフェノールで健康維持
  • 冷え性を緩和
  • 塩分調整で体スッキリ
  • たっぷりの食物繊維
  • ノンカフェイン&カロリーゼロ

など妊娠中や産後など長く愛用できるので、
母乳育児をしたい人にとっては、
おすすめのアイテムです✨

いまなら!!
『母乳育児応援コース』をご注文いただくと
約1か月分が1,980円(税込)で試せて、
15日間全額返金保証付きです。

【毎月300名限定】”母なるおめぐみ”はこちら♡

 

10.ノンカフェインの紅茶・コーヒー

紅茶、コーヒー好きの人にとっては、
ノンカフェインが神ってる✨飲み物ですよね。

妊娠中のわたしも、
どれだけ助けられたことでしょうか💦

ノンカフェインのコーヒーには、
いろんな種類があって、わたしが飲んでいたのは
たんぽぽ根からつくられたコーヒーでしたが、
ちょっと癖のある味が違和感を感じました。

ですが、いまはコーヒーも紅茶も、
様々なメーカーのノンカフェインがあるので、
我慢することなく飲めますよね。

Sponsored Links

妊娠中は避けるべき飲み物は?

pexels-photo-173382

妊娠中におすすめの飲み物を
ご紹介してきましたが、
避けるべき飲み物も知っておいた方が
いいかもしれませんね💡

気を使いがちな妊娠生活ですが、
母体や胎児のためにも最善を尽くしましょう。

 

カフェインの多い飲み物

妊娠しているときに、
カフェインを大量に摂取してしまうと、
妊娠中に必要なカルシウムや鉄を排出してしまう
可能性があるので問題なのです。

でも、摂取量さえ守れば、
神経質にならなくても大丈夫ですが、
できたら摂取しないほうが安全ではあります。

我慢し過ぎると、逆にストレスになり、
母体や胎児に悪い影響を与えるので、
自己管理で摂取量を守っていきましょう。

 

デメリットがある飲み物

カフェインレスの飲み物だから大丈夫
と思っているお茶にもデメリットがあります。

”緑茶””ハトムギ”には、
子宮を収縮させる作用があるので、
妊娠中に大量に摂取した場合に限り
危険が伴うので注意しましょう。

特にブレンドしてあるお茶は、
何が入っているか確認したほうが
いいかもしれませんね。

 

絶対飲んではいけない飲み物

妊娠中に絶対飲んではいけない飲み物は、
アルコールです。

ママが食べたり飲んだりしたものは、
そのまま胎児へと栄養として運ばれるので
アルコールを摂取するとどんな状態になるか
想像は付くと思います。

胎児には、まだアルコールを分解できないため、
胎盤が完成する妊娠4か月以降は
もっとも注意が必要です。

📝1日のアルコール摂取量の目安
  • 1杯程度:胎児へ影響は少ない
  • 5杯以上:奇形児の危険性が出る
  • 10杯以上:胎児アルコール症候群の可能性

これは目安なので、大丈夫と高をくくらないで、
飲まないようにしましょう。

 

【妊娠中のトラブル】
対処法についてはこちらをどうぞ♪
妊娠のむくみにいい飲み物10選&手足のしびれに効く対処法

Sponsored Links

まとめ

5e6def1d3ea6b9104cad86b114e5ebd5_s

妊娠中に飲まない方がいい飲み物が
こんなにもあったなんて、ビックリでした💦

しかしながら、知らぬが仏、、、
ってこともありますよね。

あまり気にし過ぎて、かえって
ストレスになることもありますし、
カフェインとアルコールに注意をしていれば、
問題はないでしょう。

飲んでもいい飲み物に関しては、
マタニティ生活を楽しむ一環として、
色々なお茶に挑戦してもいいかもしれませんね。

母体と胎児の健康を守るためにも、
カフェインの摂取量には注意しましょう。

Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

ママmemoの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ママmemoの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

ライター紹介 ライター一覧

山形 夕実

山形 夕実

♡はじめまして♡2児の母です♪

アパレル業界でデザイナーを10年経験し、
結婚後も子育てと仕事を両立しています。
仕事は独立し、ママからの意見や悩みを聞き
開発した抱っこひもを販売しています。

また、抱っこひもコンシェルジュとして、
べビーヨガアソシエイト認定講師:抱っこマイスターの資格を取得。

抱っこ紐の安全性と危険性や
自分の経験から股関節脱臼などの講演を、
子育て広場やワークショップで行なっています。

この経験を生かし、多くの人に知っていただくためにも、
ライターとして幅広く活動しています♡