1. TOP
  2. 陣痛の痛みってどんな感じ?時間の長さを体験談で紹介

陣痛の痛みってどんな感じ?時間の長さを体験談で紹介

 2016/01/03 陣痛 痛み
  33,208 Views

初めての出産を控えた女性は、
家族が増えることや可愛いわが子を抱けることなど
妊娠中も喜びや楽しみでいっぱいですよね(*^^*)

…とはいえもちろん心配や不安もいっぱい!

中でも大体の初産婦さんが何よりも恐れているのは
「陣痛」ではないでしょうか?

“陣痛ってどれくらい痛いの!?”
“「10分間隔になったら病院に来て」ってどういうことー!?”

今回は私が実際に恐怖に怯えた(笑)実体験レポートをご紹介します♪

▲海外の動画、”男性が陣痛を経験したらどうなる?”。
少し長いですが、興味深い内容なのでぜひチェックしてみて☆彡

Sponsored Links

陣痛の『間隔』『長さ』ってどーゆーこと??

^3F079D404B8D2566061777057248F040821004C982CB25219A^pimgpsh_thumbnail_win_distr

▲陣痛の恐怖に耐えきれず、とりあえず安産祈願の神頼み!笑

恐らく大体の病院では「陣痛が10分間隔になったら来てください」
と事前に説明を受けるかと思います。

…が、正直私はその「10分間隔」の意味がよくわかりませんでした。

陣痛に「間隔」があること自体よく理解できないし、
そもそも人間の体は機械じゃないんだから
みんながみんな10分おきに陣痛が来るとも限らないでしょ
…と思っていたんです。

でも、実際に陣痛を経験してみてわかったんです。

痛くて痛くて頭が真っ白な緊急事態になりながらも
「これか!!ほんまに10分間隔やーー(゚Д゚;)!!!」と
目からウロコ状態だったことを覚えています(笑)

陣痛には「痛い時間」と「痛くない時間」の波があって、
痛い時間が終わってから次の痛みが来るまでの事『間隔』と呼びます。

痛みの長さにはもちろん個人差はありますが、
私は陣痛が始まってから序盤は15~30秒くらい続き
本格的な痛みになってからは1分~1分半くらい続きました。

そして間隔は、最初は約15~20分間隔、
本格的な痛みになった頃には約5~10分間隔、
そして分娩真っ最中には約1分間隔とかなり短くなっていました。

つまり、陣痛は「弱い痛みが短い時間、長い間隔」から始まり、
最終的には「強い痛みが長い時間、短い間隔」に変化していくのです。

そうやって変化していく中で病院から指定された
「10分間隔」になるタイミングも訪れるというわけです。

弱い痛みから慣れながら徐々にハードになっていったり、
時計のように規則正しい時間と間隔で訪れる陣痛を体感して、
呑気にも人間の体の不思議に少し感動していたのでした♪.*

…ちなみに病院に駆け込む頃には、そんな呑気な感動は
頭の片隅にも無くなってしまったことは言うまでもありません( ̄▽ ̄)

 

Sponsored Links

 

怖いけど知っておきたい!どれくらい痛いの!?

img_0

▲いきみ逃がしのテニスボール、騙されたと思って使ってみて!

陣痛の痛みって、想像つきますか?

「そもそもちゃんと陣痛に気付けるかなぁ?
元々生理痛も重いし、案外ケロっと耐えれてしまうかもー( *´艸`)ププ」
実は私、こんな風に思っていました。

確かに陣痛の始まりは軽めの生理痛の感覚でした。

けれど、それがしばらく続いて徐々に間隔も短くなってきた頃…
「ぎゃーーーーー( ;゚Д゚)!!!」と思わず絶叫してしまう痛みが!
その1回を皮切りに、その後の痛みは全て超ヘビー級!!

陣痛がわかるかどうかなんて不安はなんのその。
脂汗がにじみ涙が出る程の、通常の生理痛とは比べ物にならない
明らかに普通ではないとわかる痛みだったのです。

ちなみによく雑誌で「陣痛中のお役立ちアイテム」として
紹介されていたテニスボールを半信半疑で準備していたのですが、
これが大活躍でした!

いきみたい時にピンポイントで当たりのところに当ててもらう
不思議なことにスルッと『いきみ逃がし』が出来るんです!

なぜか「ギュウゥーー」と押して欲しい時と
「グリグリ」して欲しい時があり、
痛がる私を一生懸命テニスボールでサポートしてくれる夫に
「ちがう!!グリグリ!!!」
「やっぱりギュゥー!!!!」
と、かなりえらそうに謎の擬音で指示していました(笑)

そして、その後待ち構えていた分娩がこれまた痛い(;∀;)

いきむ度に骨盤がメリメリっと広がる感覚がわかり、
なんかもう物理的に痛いんです(;∀;)

つわり・陣痛・分娩・会陰切開・・・など
人によって一番ツラかったシーンは様々ですが、
私は間違いなく分娩時のいきみがナンバーワンでした!

私の場合、出産を経験した周りの優しい友人たちが
恐らく私を不安にさせないために
「痛みは意外と平気♡」と教えてくれていたので、
完全に痛みをなめていました。。

これから出産の方は、念の為に”心の準備”もお忘れなく(・∀・)♪

Sponsored Links

出産前後はこんな感じでした

^EE66910D02A90E5A68FC744FD2E9EFA33635F112DE44DFFB55^pimgpsh_thumbnail_win_distr

▲陣痛中は旦那氏、大活躍!

私の場合、出産日の約一週間ほど前から、
不規則で弱い前駆陣痛らしき痛みがありました。

そして出産前日は、夜寝る前から
強くはないけれど比較的規則的な痛みを感じました。
これが陣痛の兆候だったんです。

当日は朝6時頃にズキンという痛みで目が覚め、
時間が経つにつれて徐々に痛みの波が
が強く、長く、短い間隔で起こるようになり、
夜7時過ぎにビックリするような激しい痛みを感じました!

その時点で痛みは5~10分間隔、長さは1分程

夫にしがみつきながらなんとか病院にたどり着き、
診察してもらった頃にちょうど破水し、
その時点で子宮口は1cm程ひらいていました。

そこからは気が遠くなるような痛みとの闘いで、
子宮口が10cmにひらくまでは陣痛に耐えながらの病室待機でした(;´Д`)

そしていまいちよくわかっていなかった「いきみ」とやらもこの頃から発生。

陣痛の波がくる度に
テニスボールや手のひらで腰を押してもらったり、
夫の腕をあざが出来る程の力で握りながら耐える。

いきみたいのを必死で我慢しながら、
子宮口がひらくのをただひたすら耐える。。

大体2~3時間くらいは病室で陣痛と闘いました。

その間の記憶がほとんど無くあまり覚えていないのですが、
当時はまっていたドラマが始まる時間には
「あのドラマかけて!!!」としっかりチャンネル指示をしたそうです(笑)
当然まったく見れませんでしたが…(~_~;)

陣痛もそろそろ限界となったところで
子宮口が最大近くひらいていたので分娩室へ。

ようやくいきみを許可されていざいきんだら
それはそれは、陣痛とはまた別の激しい痛み( ;∀;)

その後は割とスムーズに進み、
その日の23時59分ギリギリに出産となりました♡

朝6時頃の陣痛開始から数えること約18時間
でも病院に入ってからは4時間程での出産だったので、
これでもとっても早い方なんだとか。

この事を人に話すと
「ラクでよかったねー」「安産だったねー」と言われますが、
時間が短くても痛いもんは痛いし、大変だったのです(泣)

身近に出産が早かった人がいても、
どうか「大変だったね」と労ってあげてくださいね( ;∀;)

 

Sponsored Links

 

今となっては笑い話ですが…反省してます。

^8462195C6195468B09216BA808FAAC39708FB4F452ACF3E7EC^pimgpsh_thumbnail_win_distr

▲大きなお腹をかかえて修行のような階段をのぼっていました。。

初めての出産を目前に、
予定日の数日前からはずっとソワソワ

とにかく落ち着いて待つことができなくて
出産前の兆候や陣痛や破水のこと、
お産が多いと昔から言われている大潮や満月・新月の日まで
とにかく不安すぎて四六時中インターネットで
出産にまつわる事を調べていました(笑)

…が、経験したことがないのでとにかくわからない。
陣痛の始まりの想像がつかない

予定日が過ぎた時点では更に焦りも出てきてしまい、
散歩やスクワット、拭き掃除をしてみたり、
しまいには「お腹痛いような気がする!…かも!?」と
エア陣痛騒動まで起こす始末。。

外の世界に出ようと一生懸命頑張っているわが子
そんな余計なストレスを与えてしまった事を
今となっては反省しています(~_~;)

反省と言えば。

陣痛の感覚が段々と短くなってきて、
間もなく病院に行く事になるかもしれないという時に、
「ごはんを食べて腹ごしらえ&お風呂に入って準備万端にしていこう!」
と思い立って実行したのです。

…が、予想していたよりも早く陣痛が進み
結果、髪は乾かせず濡れたまま、
食事をした直後の満腹状態で病院へ向かうことに。

結局、髪が濡れていて寒くて体力は消耗するし、
痛みに耐えるだけでも大変なのに
いきむ度に感じる吐き気とも闘うはめになったのです。。

出産中は自分の間抜けさにただただ後悔していました( ;∀;)

激痛の先には感動の瞬間が待っている♡

IMG_0635

▲子供の顔を見た瞬間、つらかった事なんて忘れてしまいました( *´艸`)

いかがでしたか?

陣痛人によってかなり様々な違いもあるかとは思いますが、
今回は私の体験をご紹介させていただきました(^^♪

この記事を読んでいる方の中には
同じように出産直前にソワソワしながら
「陣痛ってどんなの!?」と不安に思って調べて
ここにたどり着いた妊婦さんもきっといるかと思います。

そんなあなたがどうか無事に
元気な赤ちゃんに会えますようにお祈りしています♡

Sponsored Links



妊娠中の健康に不安があるママは必見!

妊娠中はつわり・便秘・腰痛・頭痛など健康に不安がありますよね。
そんな時気をつけたいのは食事です。

しかし、
・妊娠中は口に入れるものが恐い
・薬・市販薬は悪影響のリスクがあるから医師に止められてる
・けど赤ちゃんにしっかり育って欲しいし、できるだけ栄養を送りたい

などの悩みはありませんか?

そんなあなたにはBELTAの葉酸サプリがオススメです。

人気の理由は、

・つわりの時でも飲みやすい
・葉酸だけでなく、ビタミン・鉄分・カルシウムが豊富で妊娠中のあらゆる悩みに効果が期待できる
・初めての妊娠でも出産経験のある専任サポートが親身に対応

など、BELTAの葉酸サプリがあれば栄養面は安心して、
生まれてくる赤ちゃんの事に全力を注げます。


BELTAの葉酸サプリで妊娠中の不安を解消する♪

\ SNSでシェアしよう! /

ママmemoの注目記事を受け取ろう

pexels-photo-92332-large

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ママmemoの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

木村 麻衣

木村 麻衣

2015年2月に娘を出産し、はじめての育児に日々奮闘中!

子供が苦手で仕事が大好きだった営業マン時代を経て、
今では”ムスメ命”の立派な親バカへと進化を遂げました。

『頑張りすぎず、自分が納得のいく方法で』をモットーに、
ゆるーくマイペースに子育てしています♡