1. TOP
  2. 妊娠してるのに熱!何度からが危険?胎児への影響と治し方!

妊娠してるのに熱!何度からが危険?胎児への影響と治し方!

 2016/12/30 妊娠中の健康Q&A
  1,901 Views

妊娠中はいつも以上に、体調管理には
気を付けていることと思いますが、

それでも
季節の変わり目だったり、
ちょっと疲れが出てしまったりして

風邪をひいてしまうことはあるものです。

中には思わぬ高熱が出て慌ててしまう人も
いることでしょう。

妊娠中はうかつに風邪薬を
飲むことができないということもありますが

何より、
自分が熱を出してしまったことで
お腹の赤ちゃんに影響がないのか
気になりますよね?

自分だけの体ではないからこそ
我慢せずに適切な対処をしていく必要が
あるわけですね。

そこで今回は、
妊娠中に熱が出てしまった場合の対処法
赤ちゃんへの影響について
解説していこうと思います。

  • 何度以上の熱が危険なのか?
  • 胎児への影響は?
  • 薬の服用や病院を受診する目安は?

しっかりチェックして
対処していきましょう!

妊婦が風邪で熱を出すと危険って本当?

a0002_007562

妊娠中に風邪で熱を出したら危険と
よく耳にしますが
一体何が危ないのでしょうか?

まずは、
妊婦の高熱が胎児に与える影響について
見てみましょう。

妊娠中の熱は胎児にどんな影響を与えるの?

妊娠中熱を出した場合一番気になるのは

「胎児にどんな影響があるのか?」

という事ではないでしょうか?

実際のところ、
症状が軽いような風邪であれば胎児に
影響が出るという心配はないようです。

ただ、注意するべきなのは
高熱が続くような場合で、

羊水の温度が上がってしまい
胎児の成長に影響を与えてしまう
可能性もあります。

まだすべての器官が完成していないので
胎児が受けるダメージも大きくなってしまいます。

それでは何度以上の熱がどのくらい続くと
危険なんでしょうか?

もう少し詳しく見ていきましょう。

何度以上が危険のサイン?

妊娠中の熱が何度以上でると
胎児に危険が出てくるのかという事ですが

40度以上の熱が3日以上続く場合は
注意が必要です。

高熱が続くと
すでにおはなししたように
羊水の温度が上がってしまうので
胎児も危険な状態になってしまいます。

風邪をひいて40度以上の熱が下がらない
というときは病院を受診しましょう。

こちらの動画で
妊婦さんの高熱について解説しているので
チェックしてみてください。

妊娠中の熱の治し方とは?薬は飲んでもいい?

502793736a09290b1640ec7534ed08c9_s

「妊娠中に高熱が続くと
    胎児に影響が出る恐れもある」

そんな話をきいてしまったら
すぐにでも病院を受診して治してもらいたい
ところですが、

妊娠中はうかつに薬を飲むこともできないし

「一体どうすればいいの~!?」

と思ってしまいますよね。

妊娠中に熱が出たときは
どのように対処するべきなんでしょうか?

風邪で受診する目安とは?

妊娠中に風邪をひいたら、何を目安に
受診すればいいのでしょうか?

症状別にチェックしていきましょう。

胎児に影響が出るのは40度以上の熱が
3日以上続くような場合だと説明しましたが
微熱だとしても
熱が何週間も下がらないような場合や
38度以上の熱が出るような場合は

他に原因がある可能性もあるので
病院を受診しましょう。

咳が続くような場合、
胎児が十分に酸素を受け取れず
酸素不足になってしまうこともあります。

酸素が不足すると
胎児の脳に障害がでてしまう可能性も
でてきます。

そして咳が続くことで
おなかに力が入ってしまうので
おなかが張りやすくなってしまいます。

切迫流産、切迫早産の心配がある場合は
病院を受診して咳止めの薬を
処方してもらった方がいいでしょう。

下痢、嘔吐

食べたものを吐いてしまったり、
下痢になってしまうようなとき

「赤ちゃんへの栄養がいかないのでは?」

と心配になりますよね。

でも、たとえママが
栄養を摂ることができなくても

胎児に必要な栄養は
優先的に赤ちゃん送られていくので、

数日間の下痢や嘔吐で
食べ物が食べられなくても、
胎児が栄養不足になる心配はありません。

注意が必要なのは

  • 水も飲めない
  • 水すら吐いてしまう

というときです。

ママの体が脱水症状になってしまうと
血液の循環も悪くなります。

胎児への栄養は血液で送られていくので
赤ちゃんの成長にも影響が出てしまいます。

下痢や嘔吐で
水分も取れていないようなときは

脱水症状になる前に病院を受診しましょう。

薬は飲んでも大丈夫?

妊娠したら

「熱が出ても薬は飲んではいけない」

そう思っているママも多いことでしょう。

実際、
自己判断で市販薬を服用してしまうことで
胎児にも影響してしまうこともあり得るので
妊娠中の薬服用には
十分気を付ける必要がありますが、

妊婦さんでも服用できる成分の薬もあるので
体が辛かったり、
体調に不安があるような場合は
我慢せずに病院を受診して
薬を処方してもらいましょう。

薬を服用する事よりも我慢することの方が
赤ちゃんに悪影響を与えてしまうことも
あります。

妊娠中は特に、病状のいい、悪いを自分で
判断してしまうのは避けたいですね。

まとめ

img_3062

いかがでしたか?

妊娠中熱が出てたからといって
すぐに胎児に影響があるという事は
少ないですが、

40度以上の高熱が続いてくると胎児にも
悪影響が出る場合もあります。

熱以外にも咳や下痢、嘔吐など
心配な症状があるときは
病院を受診しましょう。

自己判断で市販薬を服用するのは危険ですが
病院で妊婦でも服用できる薬を
処方してもらえる場合もあるので
我慢せずにお医者さんに相談するように
しましょう。

参考になれば幸いです^^



妊娠中の健康に不安があるママは必見!
妊娠中は、つわり・便秘・腰痛・頭痛など
健康に不安がありますよね。

そんな時に気をつけたいのは、
日頃の食事での『栄養の摂取』です

しかし、
・妊娠中は口に入れるものが恐い
・市販薬はリスクがあるから医師に止められてる
・元気な赤ちゃんが生まれてくるか心配

などの悩みはありませんか?
そんなあなたには
BELTAの葉酸サプリがオススメです。

なぜサプリをオススメするかと言うと、
食事による天然葉酸が体内に吸収されるのは
約50%と言われています。

つまり、
食事だけでは十分な葉酸を取ることが難しいので、
サプリでの摂取を厚生労働省も推奨しているんです。

数ある葉酸サプリの中でも
特に人気のBELTA葉酸サプリは、

・葉酸以外の栄養(鉄分・カルシウムなど)が圧倒的
・つわりの時でも飲みやすい
・安心の無添加・製造チェック
・モンドセレクション金賞・楽天1位の実績
・妊娠・出産の悩みを相談の専任スタッフサポート

など、他のサプリと比べても
BELTAの葉酸サプリは『栄養面・サポート面』で
優れているので先輩ママから愛用されているんです♪

⇒【公式】BELTA『葉酸サプリ』の口コミを確認する♪

ライター紹介 ライター一覧

あしの

あしの

元美容師で現在は女の子3人を子育て中の主婦です。
ママになってもファッションやメイクが大好きで興味深々!
...とはいってもなかなか自分に手をかけてる暇がなかったりするのですが、
おしゃれに目覚めてきた娘とショッピングに行くのが最近の楽しみです♪

元美容師の知識と経験を活かした情報や、子育て中の主婦として
役に立つ情報をお届けしたいと思います。

今日の人気記事♪

  • 妊娠中に体重が増えない!胎児や母体への悪影響はあるの?

  • 帝王切開のリスクは?母体や赤ちゃんに与える影響とは!

  • 陣痛の痛みの逃し方は?緩和させる3つのポイント

  • 妊娠の眠気はいつまで続く?その原因と5つの解消法を紹介!

  • 妊娠してるのに風邪で咳!胎児に影響は?すぐできる対処法!

  • 妊娠中の腰痛に湿布は安全?使える&絶対ダメな市販品を徹底調査